噺家のヨメのつぶやき

プロフィール

噺家のヨメ

Author:噺家のヨメ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



必需品の冷凍庫

北部地震から一か月。
その間に、広島はじめ西日本で豪雨災害。
そして、ここ数日の猛暑

暑中お見舞い申し上げます。
いったい、日本はどうなってるんだ!
この暑さの中、土砂に埋もれた街の映像を見るにつけ
大変さを痛感します。

数日前に冷凍庫が壊れました。


121ℓの冷凍専門のやつです。
足元がヒンヤリしたので悪い予感。
ちゃんとドアが閉まっていなかった

アイスもたこ焼きも柔やわです。
パンパンに入ってたのに…

「えーい、再冷凍や。見なかったことにしよう」と目盛りは急速の強。

一日経って、恐る恐る覗く。
再冷凍、カチカチのはずが半解凍な感じ。
いよいよ壊れた?

慌てて冷蔵庫の冷凍室に入るだけ詰め込みました。


再冷凍のチョコモナカジャンボ、食べれました(*^^)v

なんとか食べれないかと思う欲ってすごい(^_^;)

まとめ買いするのと、頂き物の保存のために
冷凍庫は我が家には必須です。

買います。トホホです。出費です

スポンサーサイト

震度6から2週間

ryukku.jpg

地震の日から2週間経ちます。
ほぼ平常になっていますが、きょうは震度3でした。
一瞬でしたが「また来たーーーーー!」と驚きました。

元来、心配性のビビりなんでしょうね。
震度6は本当に怖かったです

防災リュックをせっせと作っています
聞けば、周りの友人は一切準備してない人のほうが多いようです。

死なないための準備と生きてた場合の準備。
なるほど勉強になります。

塩鯛さんに「こんなの作ってる人いるやろか?」と聞きますと
「防災意識の高いほうがいい」との答えでした。

「そんなの役に立つかどうかわからない。死ぬときは死ぬ」とは言わないところが
塩鯛さんの、いいところですね。
なんでも否定から入る人いるでしょ?
肯定すること、おつきあいの秘訣かもしれません。(^O^)

地震の震源地

地震1 地震2 地震3

18日の朝、突然の揺れです。
ドーンと揺れたので、何が起こったのかもわからず
地震だと気づいた後は震えが止まらなかった。

塩鯛さんは出かけた後だったので一人で右往左往。
とりあえず運転中の塩鯛さんに連絡。
無事を確認すると、あとから子供達や実家や親戚から安否確認。

我が家はまさに震源地の大阪北部のど真ん中、茨木市。

陶器やガラス類が落ちて壊れ、仏壇はグチャグチャになりました。
見えるところはボチボチ片づけましたが、いろんな扉を開くと
中の物がずれ込んでなだれ落ちてくる感じ。

ほんとに怖かったです。
その日は力が抜けて、ぼーぜんとテレビの声を聞いていました。

地震の備えと心構えなんてゼロでした。
自分が当事者になるなんて思ってもなかったのです。

余震に備えて真剣に勉強しました。

お化粧する気にもなりません(^_^;)
今も、なにやらザワザワするのです。

ここら辺は、この程度で済んでますが
お隣の高槻市が大変なようです。

塩鯛さんにも電話やメールがたくさんきて、突然被災者の気分です。
心配していただき、ありがとうございました。

プレイバック

ボーリングしました。
久しぶりどころではありません。
記憶の中では大学時代が最後でしょうか(^_^;)
ということは40年前という大昔の話。

鉛筆で黒く塗りつぶしたスペアのマークの話で
おばさんたちは大いに盛り上がりました(^O^)

今やスコアは自動でつけてくれるんですね。
きっと、だいぶ前から自動になってるだろうから
我々の会話は人が聞いたらチョーおかしいでしょう(笑)

膝が痛くて低く腰が落ちません(涙)
安定感はゼロです。

いやぁー、年取るって怖い
二日目にお尻の左半分が痛かった。
これも年齢

成績は散々でしたが大はしゃぎで楽しかったヽ(^。^)ノ

小鯛君のお迎え

bentu.jpg

岡山の独演会の朝、小鯛君が迎えに来てくれました。

な、なんと!ベンツです。

小鯛君が免許を取って車の運転ができるようになりました

回りから車を買え、車を買えと騒ぎ立てられ
どうせ買うなら普通の車では面白ないから
ベンツを買えとシャレに言われてたのは
聞いておりました。

ついに塩鯛さんまで「買うならベンツ」と言い出しまして…
「小鯛がベンツに乗ってたらエエで。ベンツやから面白い。

師匠にまで言われて、その気になりまして、ついに購入を決断。

ベンツのお迎えに笑ってしまいました(笑)
こんな立派な車で来てくれたことが嬉しかったなぁ

いつも運転手は塩鯛さんでした。
こんな日が来るとはヽ(^。^)ノ
成長した子供を見るようで感慨深い朝でした。