FC2ブログ
噺家のヨメのつぶやき

プロフィール

噺家のヨメ

Author:噺家のヨメ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



シルバーウィーク

寒暖の差に少々風邪気味です。
我が家で一番に風邪をひきます。見た目より虚弱です(^_^;)

シルバーウィークに入りますね。
21日(月・祝)に法然院で落語会がありますが、田舎からくる親戚が
ホテルが取れないと言ってきたので、これは大変と捜しまくりましたが、
まあー、なんと、どこも満員
大津も高槻も茨木まで捜しましたが、茨木まで満員とは…

どないなってんねん?
シルバーウィーク恐るべしか。観光立国日本、中国人のなせる業か。
確かに、どこに行っても中国人が多いのは実感します。

最近ホテルが取れないようですね。

年に一度の法然院の会は毎年楽しみに行っています。
素晴らしい景観の中で聞く落語は格別な趣があっていいものです。
東山の風が開けっ放しの本堂にサァーっと入ってきて命の洗濯はおおげさですが
本当にそう思えるんですよ(^O^)

法然院いいですヽ(^。^)ノ
スポンサーサイト

鯛焼き三人衆 マスコットの彦八くん

今年の彦八祭りも無事に終わりました。
初日は天候に恵まれ、早くからたくさんの人がお越しになり
それは、それは賑やかな事でした。

去年に引き続き「塩鯛焼き」。
夏の鯛焼きも、おいしかった(*^^)v

米紫君という戦力が一人増えて去年より心丈夫。
最初は、しゃべりもせずに一心不乱に焼く米紫君がおもしろかった。
(職人タイプ?)

それに去年よりは今年という感じで鯛蔵君、小鯛君の腕前も上がり
失敗作が少なく形も綺麗。

慌てて焼いた、餡子はみ出しの、自然な羽根つきの重たいぐらいの鯛焼きも
私としては愛嬌があって嬉しいのですが…(笑)

去年同様にしっかりした方たちにサポートしていただき、一門の皆さんにお手伝い
してもらって今年も楽しく「塩鯛焼き」終えることができました。

買っていただいた方に感謝。
ありがとうございました。


訃報

昨日、米朝師匠がお亡くなりになりました。
89歳でした。
ニュース速報を見て、ついにこの日がきたのだと思いました。

米朝師匠は塩鯛さんの神様です。
ご存知かもしれませんが、最初の弟子入り志願に伺ったのは米朝師匠でした。
米朝師匠の落語を聞いて噺家になろうと決意したそうです。

孫弟子ですが、当時は一門の数も今よりはうんと少なくて私なども
師匠のお宅に伺ったりしていました。

長男が生まれた時も顔を見せにおじゃましました。
大師匠にもかかわらず、なにかと交流があった良い時代でした。

新聞テレビの報道で流れる画面を見ながら、改めてすごい人だったんやと思いました。

生きてくれてはるだけで値打ちのある存在感のある師匠が居なくなったという喪失感で
私など遠い遠い立場の者ですが、ぼんやりしています。

ざこば師匠の会見を見て涙が出ました。

明日から十日間連続落語会が始まります。
元気をだしてもらわねば…

ご冥福をお祈りいたします。

お正月っぽい1 お正月っぽい2
玄関の絵は塩鯛さん作です。タイトルは飼っていたねこの「キキちゃん」。素敵で気に入ってます。
鏡餅は事始めに弟子三人が立派なやつを持ってきてくれましたが生の餅はカビが生えるので早々に
冷凍しまして写真はスーパーで買ったものです(ちょっとお断り)

新年あけましておめでとうございます。
きょうから未年の始まりです。塩鯛さんは年男です。
きのうと、きょうは、なんだかとっても違う一日なのです。

寝正月と決め込んでいた元旦でしたが息子一家がやってきまして、たまたま娘も在宅で
久々に勢揃いの賑やかな一日になりました。
ちょっと疲れたとも言えますが…(^_^;)

息子たちはこの寒さの中、午後からアウトレットでお買い物。若いってことは元気ってことですねぇ。
静かになったところで塩鯛さんとウトウトタイム。
飲んで食べて眠くなったら寝て、起きてまた食べて…これがお正月の醍醐味でしょうか(笑)

塩鯛さんは夕方から繁昌亭へ。
一人になったので鳥取の母に電話。
すっごい雪だそうです。そりゃそうだろ、こちらもエラい雪でした。
元気そうな声を聞けてよかった。

今年も健康で笑って暮らすこと…それが目標ヽ(^。^)ノ

バースデーケーキ

先日またまた実家に帰ってきました。
今年になって2回目です。
しばらく年に一度のペースだったのですが年を取った母の顔を見れるうちに
見ようと思うようになりました。

年を取ったといっても、まだまだパワフルです。足腰は弱ってきてますが
性格だけは前以上に強くなってまして、はぁー優しくしてあげようと誓って帰るのですが
何日か経つとものの見事にそんな気持ちはどこへやら(笑)

今更、人間変わるもんじゃないと思いつつ同居していないので私の修行が足りず
まだまだだなぁと反省もするのです。

忙しい弟夫婦は母の買い物等、望むことに一日時間を費やすことは少し無理なので
やはり娘の私を待っているのですね。
今回は頭が少し気になるようでイブファーレ的な物を買いたいということで帰ったのですが
「やっぱりやめた」とケロッと言いましてムカついた次第です(笑)

まだ雪は大丈夫でしたが大山はうっすらと雪化粧で美しかったです。
米子道の紅葉と大山の姿は、何度通っても感動的に美しく、母の待つ故郷に向かう道中は
心も弾みうきうきします。

それに比べて大阪への道中はノンストップ。止まって山を見る気持ちにもならないです。
やはり、母がいるから故郷なんですかね(^O^)

上の写真は12月に誕生日を迎える私のために母がどうしても誕生会をすると言い出して
私に丸いケーキを買ってこいと指令が出まして、買って帰ったら弟にも指令が出ていて
なんとダブって2個もいただいたという幸せでしたヽ(^。^)ノ