FC2ブログ
噺家のヨメのつぶやき

プロフィール

噺家のヨメ

Author:噺家のヨメ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



快適生活希望

カロリー計算アプリの入力も少し熱意が下降気味
なんでも続けるのは難しいですね。(それにしても早っ)
細々とやっていきます。

エアコンを設置してもらっています。
20年以上前のガスエアコン、故障もせずに、よく頑張ってくれました

今回故障したかというとそうではなくて天気予報の「今年は猛暑」の
言葉を聞いた途端、塩鯛さんと私、気が合いまして(^_^;)

突然、よしエアコン買い替えようと決めたのでした(*^^)v

ガスエアコンというのが、なかなかに曲者でして当時は流行っていたのですが
取り外すとなると、かなり大変でした。

家じゅうのガスエアコンを全部はずすなら逆に手間ではないようですが
4台残して3台はずすという離れ業です。
総入れ替えは経済的に無理ですからね。

それでも取り外しの料金は高くて…

そして今度は設置料金。
別途料金が、これまた高くて…
エアコン1台じゅうぶん買えそうです

快適生活と省エネ生活が待ってるので、これも致し方ないか(笑)
スポンサーサイト


コメント

おはようございます。
ご無沙汰しております。志鷹です。
お変わりございませんか?

健康志向には程遠いですが、娘に進められ青汁とビデンスピローサを飲み続け丸5年。
アプリより私はサプリです。
継続は力、頑張って下さいませ。

我が家のエアコンはまだまだ頑張ってくれています。
基本そんなに使わない快適生活、扇風機は大活躍で年中フル稼働しています。

考えると昔はクーラーも無く過ごしていたのですから、不思議ですね。
暑いことは暑かったですが、風の道も時間によりありましたね。
縁台に団扇、打ち水も普通にありましたね。
快適と引き換えに何か一つ失ったような。
快適生活が買い換え生活にならないようにぼちぼちやって行きたいです。
今後とも宜しくお願いします。
来月に還暦、元気です❗

[2018/05/26 05:36] URL | 志鷹豪次 #- [ 編集 ]

志鷹さんへ

還暦おめでとうございます。
だいたい私と同世代ですから、おっしゃること、一々ごもっともで
共感いたします。

とても良き時代でした。
子供の時は田んぼや草むらで遊び他所の家の塀の上を伝って歩き
裏道を探し、いちじくや柿をとってました。
(もっとも、私が田舎育ちでありますから…)

60歳を過ぎて今の生活を快適にしようと急に思いました。
平均寿命までは、まだまだありますが、いつ具合が悪くなるかもしれないと
思って今が楽しければというようなことです。

キリギリス生活ですね(笑)

アプリも今や毎日はやっていません。
なぜかというと一か月もキチンと管理していたら、だいたいのカロリーを
覚えるものですね。
同じような物を食べています(^O^)

お互い健康に気をつけていきましょうヽ(^。^)ノ

[2018/05/27 09:35] URL | 噺家のヨメ #- [ 編集 ]

おはようございます。

うれしかったことでお伝えしたいことがございます。

塩鯛師匠との初めての出会いのお話です。
師匠が都丸時代から拝見していましたが、当時はネットもなく師匠の情報は、朝丸時代のざこばさんが話されるテレビでのお話でした。

「ボクに大学を卒業した弟子ができました❗」「ボクより噺も上手いからどうしたものか」

ざこば師匠の心の機敏がよく伝わりお弟子さんを大事にされているのことが目に浮かび嬉しかったです。

都丸さんてどんな方かな?と思いながら初めてテレビで拝見し、しっかり目に焼き付けていましたら、思わね出会いがございました。

仕事で富山金沢に頻繁に通っており、サンダーバードを利用しておりました。
その日は大阪への帰路、二時間余りの旅を終え大阪に下車するとき、目の前に塩鯛師匠が車両通路におられたのです。

「あっ!都丸さんや」
そう思っていたら通路でご婦人が突然立ち止まりなかなか下車できない状態になったのです。

私はまだ座席にいましたから良かったのですが、師匠はご婦人の後ろでただただ待機するばかり、その様子に私は心の中で「おばちゃん、早くしたれよ」と突っ込んでおりました。

しかし、そのお陰で師匠の姿をずっと拝見できたことが一番の思い出で本当に嬉しかったです。

師匠はじっと我慢されていましたが、目は怒ってましたね。

特徴のある大きな瞳からバチバチ炎が出ていました。

当時、師匠にお会いできた喜びは、現在の片岡仁左衛門さんが、孝夫時代に舞台を見た喜びと等しいです。

うれしかったことこと?
あるようで言葉にするのは難しいです。
しっかり自分の玉手箱にしまっておきます。
[2018/06/03 08:09] URL | 志鷹豪次 #TwB8N7MY [ 編集 ]

志鷹さんへ

こんばんは。
無名の都丸時代の思い出を、そのように大事に語っていただいて
こちらこそ嬉しくなりました。

さこば師匠と塩鯛さんは10歳ぐらいの年の差ですから、年齢だけでみると
師弟という感じではないのですが、塩鯛さんの師匠愛は大変なものです。

入門の時から見ていますが未だに、それは変わることなくブレません。
大袈裟に言えば「師匠のためなら、なんでもやります」

師匠と弟子との疑似家族的な繋がりは、また自らの弟子にも受け継がれていきます。

入門してから40年以上経って、これからも噺家の世界で生きていきます。

今後とも、よろしくお願い致します。
[2018/06/06 20:59] URL | 噺家のヨメ #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://yomehanashi.blog73.fc2.com/tb.php/563-121dcbc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)